ウォーキング後のクールダウン

ウォーキング後はクールダウン

ダイエットや健康を目的にウォーキングを始める人が増えています。

 

ウォーキングは体が慣れて習慣化することで、体重や体脂肪が減少したり、筋肉量のアップ、また疲れにくくなってくるなどの健康効果が段階的に表れてくるものです。

 

ウォーキングを習慣化するためには、やはり無理のないように、体への負担がかかり過ぎないような正しい方法で行なう必要があります。

 

まず、ウォーキングの前には、準備体操やストレッチをします。

 

準備体操は、体を柔軟にする効果が期待できますし、ウォーキング中の怪我の防止につながります。また、体の代謝機能を高める効果も期待できるので必ず行いたいですね。

 

では、ウォーキング運動後のクールダウンを、きちんと行なっているでしょうか。

 

体に負荷をかけた運動の後は、体がまだ興奮している状態です。こういった状態から軽い体操を行ないながら徐々に心拍数を安定させ、クールダウンをすることは、疲労回復を早めるためにとても大切なことです。

 

運動後のクールダウン怠ることで、疲労を持ち越すことにつながりますし、そういった状態を積み重ねることで、ウォーキングを継続することが困難な状況を招くことも考えられます。

 

ですので、ウォーキング後は、準備体操と同様の動作を忘れないようにしたいですね。

 

ちなみに、自宅に帰ってから柔軟体操や足指や足裏のマッサージを施すのも効果的ですし、疲労回復のために心臓への負担が少ない半身浴で十分な時間入浴するのも良いですね。

 

ウォーキングをダイエット効果に結び付けるためには、長期間の継続が大切です。つまり、長く歩き続けられるように、ウォーキング運動後の体のケアが不可欠だということになりますね。

inserted by FC2 system